冷凍の魚を上手に解凍!おいしく料理!

 最近は業務用のスーパーが増えて、冷凍の魚介類を手に入れることが簡単になりました。冷凍の魚介類はさばき済みのものが多く、食べたいときに解凍すればいいので、魚を食べる機会が減った現代人には重宝されます。
 しかし、せっかく購入した冷凍の魚を上手に解凍できるという方は少ないのではないでしょうか。ただ常温に置いておいては、ドリップが出てしまい、旨味も一緒に流れてしまって、ただのパサパサした身になってしまいます。では、どのような方法であればおいしく調理し食べることができるのでしょうか。まず、急いでいない場合ですが、冷凍庫から出したものを冷蔵庫に入れる方法です。食べる日の前日から入れておいて、ゆっくりと解凍します。ドリップが出にくく、旨味も流れずらいので、調理してもおいしくいただけます。時間のない場合は、流水に漬けておき、指で押してみてちょっと弾力があるとわかるくらいで調理します。さらに本当に時間がなくてすぐに調理したい場合は電子レンジを使用します。電子レンジの100wか200wを使用し、なるべく短い時間で様子を見ながら解凍します。途中で上下を返したりするとムラがなくなります。いずれの方法でも半解凍で調理することがおいしく食べるコツです。
 さあ、上手に解凍した魚をおいしく食べましょう。簡単なレシピを紹介します。冷蔵庫に残っているキャベツや玉ねぎ、人参などの野菜をすべて一口大に切ります。火を通すとかさが減るので、なるべくたっぷりと用意してください。魚はお好きなものを用意して構いません。鮭やタラで作るとあっさりとしてたくさん食べられます。こちらも一口大に切り、塩こしょうと料理酒か白ワインを振っておきます。耐熱のお皿に野菜を敷き、その上に魚をのせます。さらにバターをのせてラップをふんわりとかけます。500wで6分から7分ほど様子を見ながら電子レンジにかけてください。材料に火が通ったことが確認できたら取り出して、ラップをはずし、醤油を一回しします。お好みで柚子こしょうを添えて召し上がってください。ご飯にもお酒にもよく合う一品の出来上がりです。フライパンも鍋も使わずに調理ができますし、洗い物が減るので時間がないときや疲れているときでも簡単に作ることができます。
 時間がないときはどうしても簡単に調理ができるお肉を使いがちですが、冷凍の下ごしらえが済んだ魚を使えば、簡単にかつ時短で調理が可能です。ぜひトライしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です