魚の数え方はとても多彩

魚の数え方で一番初めに考えられるのは人それぞれですが、一般的には「匹」で数えられます。ただ、「匹」は生きている状態で使う数え方です。水揚げされて商品になった時には別の言葉で数えられ、魚の種類によっても用いる言葉が変化します。釣りや漁で獲れた魚は、「匹」ではなくて「尾」で数えます。生きていた又は観賞用で泳いでいる魚は1匹2匹と数えますが、獲れた魚や獲物として狙っているものは1尾2尾と数えていきます。尾は「お」ではなく、「び」と読みます。水揚げから売り場に置かれたものは、「本」または「枚」で数えられるようになります。「本」はサンマ・タチウオ・イワシといった細長い形が特徴のものに使い、「枚」はカレイやヒラメといった平たい形が特徴的なものに使います。

生きている段階から獲る段階、そして売り場の段階で数え方が変化してきましたが、調理の段階になるとまた数え方が変わってくる場合があります。目刺しなどを作る時にイワシなどの小さいサイズの魚を連ねて干すことがありますが、この連ねて干したものを数える時は「連」で数えます。うなぎなど串に刺して焼く方法で調理したものは「串」で数え、串に刺さない蒲焼は「枚」になります。開きや干物にした魚はヒラメなどと同様に「枚」、鰹節の塊は「本」で数えることになります。さばく際には三枚下ろしといった言葉を聞いたことがあると思いますが、三枚下ろしでは上身・下身・中骨を分けます。マグロをさばく時は三枚下ろしよりも分ける部分が多く存在し、半身の半分を「1丁・2丁」、ブロック状に切ったものは「ひところ・ふたころ」と言います。お寿司屋さんのショーケースに並べられる切り方のものは「ひとさく・ふたさく」と数え、スーパーに並ぶものはパックで数えられます。握り用に切られているものは、「切れ」を用います。

たくさんの数え方が存在していることが分かりましたが、場面や形状でこれほどまでに数え方が変わるのは魚だけでしょう。「匹」は観賞用や自然で泳いでいる時・「尾」は釣りも含む漁獲時・「本」は細長いタイプの売り場時と鰹節・「枚」は平たいタイプの売り場時と開いたもの・「連」は目指しなど連ねたもの・「串」は串に刺したもの・「丁」はマグロを半分の半分にさばいた時・「ころ」はマグロのブロック・「さく」はお寿司屋さんのショーケースに並ぶ時・「パック」はパック詰めの販売時・「切れ」は刺身用販売時に使われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です