魚を簡単に食べられる缶詰レシピ

魚は骨が取るのを面倒という理由で食べない人もいますが、それはとても勿体無いことです。
魚には血液をサラサにする脂質を含んでいたり、必須栄養素が豊富で、体の中で分解されやすいというメリットがあります。
他にもDHAが含まれています。DHAとはドコサヘキサエン酸のことですが、この成分は脳神経の発達に欠かせない栄養素で、摂取することで記憶力の向上や学力を高めることに役立ちます。
また、抗酸化作用のあるアスタキサンチンも含まれています。抗酸化作用は老化の原因となる活性酸素を除去するのに効果的な作用のことをいいます。
様々な理由から、魚は積極的に摂取することがオススメです。

しかし、魚を調理して食べるのが苦手だったり、刺身が苦手という人もいると思います。
そんな人にオススメなのが缶詰です。鯖や鰯、サンマなどのDHAが多い素材が使われているものを利用すると特に効果的です。
味噌煮や水煮缶などがありますが、缶詰なら骨を取る必要はなく、骨ごと食べられるためカルシウムも効率的に摂取することができます。
缶詰ですので、調理したときの後片付けや掃除なども必要なく、ふたを開けるだけですぐに食べられます。

すぐ食べられるだけではなく、料理としても使うことができます。
レシピは様々なものがあります。
潰したジャガイモに味噌煮缶を1巻入れ、みじん切りにした玉ねぎを入れて混ぜて丸め、小麦粉、卵、パン粉をつけてあげればコロッケとして食べることができます。
しっかりしたものが食べたい場合には、そぼろ丼もオススメです。サンマの蒲焼の缶詰は、汁とサンマに分けてサンマを食べやすい大きさにほぐしておきます。汁に酒とみりん、豆板醤、うなぎの蒲焼のタレを混ぜ合わせます。
玉ねぎを薄切りにして水にさらしておき、その間にフライパンにサンマと生姜を入れて中火に欠け、全体的にほぐれたら調味料を加えて炒めます。
ご飯の上によそったら、水気を切ったためネギをのせ、ネギや海苔を散らして完成です。
イワシの缶詰を、フライパンに汁ごと入れて温め、種を取り除いた梅干しの身をほぐしながら入れます。全体的に火が通ったらごま油と醤油を入れて、ご飯の乗せれば丼物として美味しく食べられます。
鮭缶を大根おろしと塩少々を和え、白髪ねぎを上からのせるのも簡単なおかずとなります。
その他、和食だけではなく洋食やカレーなどにも使うことができるため、節約や魚が食べたい時になど利用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です