魚を生まれ変わらせる粕漬けの活用

魚料理は日本では古くから様々な形で行われてきました、刺身や寿司は鮮度の高さが重要になりますが、やや鮮度が落ちても焼いたり煮たりして美味しく食べる方法が生み出されています。そして、むしろ少し時間を置いてからの方が美味しく食べられる方法もあり、代表的なものが粕漬けです。魚を漬物にしてしまって最後に焼いて食べるというのが基本であり、酒粕と味噌を使って漬けるのが粕漬けの特徴になります。保存性が良いことから、買ってから数週間後になっても問題なく美味しく食べられるでしょう。さらに魅力となるのが漬けることによって本来の状態とはまるで異なるような姿に魚を生まれ変わらせることができる点です。

作り方は極めて簡単であり、魚の切り身を購入したら、それを漬け材料にまぶして密封した袋やタッパーなどに保存するだけです。理想的には一度消毒をした袋や容器に入れるようにすると長持ちさせられるようになります。着け材料の基本は酒粕と白味噌または合わせ味噌であり、これに日本酒を加えるのも旨味を足すのに役立つ方法です。好みによって砂糖や塩などの他の調味料を加えることもできますが、まずは基本形から始めてみて自分なりの応用をしていくと楽しみがいがあります。サワラやタラ、ムツなどの白身のものがよく選ばれますが、サケなどの赤身の魚も美味しく食べることができるので切り身であれば問題ないという理解をしておくと良いでしょう。

粕漬けの優れている点は漬けた期間によって味わいが変化していくことです。味噌の塩分と酒粕のアルコール分や酵母、乳酸菌などの影響によって簡単には腐敗菌の影響を受けることはありません。長期的に漬けていると酵母や酵素などの影響によって魚の成分が分解されて旨味成分や甘味成分に変化していきます。一般的には漬ける時間が長いほど甘みが増し、深い旨味が生じてくるのです。そのため、大量に魚を買って順次食べていくという楽しみ方をすることができます。業務用食材の仕入れをして大量に漬けてしまうと同じ種類であってもずっと食事を楽しんでいくことができます。着け材料に変化をつけるのも面白く、使用する味噌と酒粕の組み合わせを変えたり、みりんや塩、醤油などを加えて味を整えることもできるので魚を楽しむための秘策として粕漬けを応用するのは賢いアイディアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です